So-net無料ブログ作成

ビンテージ甲州 [日本]

090131_212155.JPG
ビンテージ甲州2007
蔵元 大和葡萄酒産地:山梨県勝沼町

久しぶりに、甲州ワインです。

今回飲んだのは、大和葡萄酒のもの。

似たような名前の(ヴィンテージ甲州:中央葡萄酒)ワインとは、別物です。

さて、まず目を引くのはラベルが和紙で出来ていること。

和紙は日本酒のラベルのようですが、日本らしさがあり、私は好きです[るんるん]

090131_212545.JPG

ワイン自体は、透き通るような薄い色で、青黄色が少しかかっているような印象です。

飲んだ印象は、初めは辛くて、アルコールのトゲが目立つ感じでしたが、時間とともに丸くなっていきました。

シュール・リー製法のおかげでしょうか、甲州種にしては、ふくよかな香りを楽しめますので、口の中で遊べます。

大和葡萄酒さんでは、エレガントなワイン造りを目指しているそうで、そのあたりの意識がワインに感じられます。

す~っと通る、柑橘系の香りはなかなか良いですね。

『Japan wine Competition 国産ワインコンクール 2008 「銀賞」受賞』みたいですね。


品種  甲州種100%
タイプ 白ワイン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

アルガブランカ クラレーザ [日本]

ARUGA BRANCA CLAREZA 2004(楽天)

アルガ ブランカ クラレーザ

山梨ワインの登場です。このワイン、2005年のジャパンワインチャレンジでは銀賞を受賞したそうです。

日本固有のぶどう「甲州」から、シュール・リー醸造法(ワインと澱を数ヶ月間接触させる)を用いた、食事に合う辛口のワイン。キリッとしてシャープな味わいながら、旨みも感じるワイン。ワインに合いにくいと言われた味噌、醤油、わさびなどにも相性がいいので、和食にもOK。 辛口 7℃~8℃」位で(ボトルより転載)


最初の印象は、ボトルが黒色っぽいので赤ワイン?かと見間違えてしまいました。白ワインです。シャープですが極キレではありません。

このワインを飲んでびっくりすることがありました。いくつか食べ合わせをしたのですが、トマトやチーズといったものとはイマイチな相性でした。しかし、こいつ、、、アナゴ握り とすごくマッチするんです。たまたま、スーパーで寿司も買っていたので。。

「寿司が合うのか?アナゴが合うのか?いや、アナゴのタレと合う気がする。。。ということは、醤油と組み合わせられる、、のか!」と、連れと盛り上がってしまいました。「山梨ワインが和食とマリアージュした瞬間だわ~」なんて感じたりして。そういえば、以前読んだ美味しんぼ(恍惚のワイン)で主人公の山岡が和食とワインの出会いモノがあるかもしれないと言っていたのを思い出しました。あったわ~~。

 

シルバー獲得しました~って、なんで2004年モノに2005年のシールが付いてるのとはつっこめず。。2004年モノを2005年に審査したからかな。。(無知だw)

デザインされたキャップです。

□品種

甲州(100%)

□醸造元

勝沼醸造株式会社

 

リンク:国際ワインコンクール公式ページ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

甲州2005乙酉 [日本]

甲州2005乙酉(楽天)

甲州キュベ・ドュニ・デュブルデュー(楽天)

醸造元 中央葡萄酒株式会社

さて、山梨ワインの登場です。ひとつ目は甲州葡萄を100%使用した甲州2005乙酉です。

ワインの印象は、まずアロマとブーケ、、鼻をグラスに近づけるとリンゴと柚子の香りがはっきり感じとれます。「ジューシーな予感、、」で、飲むとやはりフルーティーなんですが、かなりピリリと辛い味がします。ラベルにもドライといううたい文句がありますがとにかくライトでドライです。邪道な表現ですがビールで言えば、アサヒスーパードライ系です(実際、キンキンに冷やしまくって飲んだら凄まじいキレ具合でした)。辛いリースリングなどが苦手な方にはダメかもしれません。そのくらいキリリとキレてます。

 


↑ちょっと写真がテカッてますがかなり薄い色です。かるいので早飲みでいいんじゃないでしょうか。料理はトマトやバターベースのものは合わない気がします。

パーカーjrは「寿司と合うぜ!」と言ってくれたみたいですね(甲州ワインプロジェクトより)。ラベルの画は世界美術祭・ベネチアビエンナーレの日本大使館に出品した有名人の千住博さん作です。(千住さんの作品は羽田空港の第2ターミナルに行けば見れたりなんかして)。ちなみに最近の甲州ワインは勢いが良いらしく甲州ワインプロジェクトなどを通じてがんばっているそうです。

最後に、甲州ワインの「甲州」は甲州市の「甲州」とかぶっています。勝沼という自治体が平成の大合併で姿を消したことで、勝沼という名前よりも甲州という名前がこれからは馴染んでいくんでしょうね。葡萄の種類の名前がそのまま街のネーミングになって、ますます山梨ワインが盛り上がることを期待します。(でも最近は長野県もがんばってきているらしいですが、、ね)


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。